HOME > 辻建材日記:被害状況

被害状況

カテゴリーを選んでください。

総数21件 1 2 3

台風は怖いです。


マンションの棟が吹き飛ばされました。

マンションの屋根瓦の棟部分が吹き飛ばされました。

アパートのケラバ部分が吹き飛ばされました。



台風21号はあらゆる場所で、さまざまな被害をもたらしました。


スレートのケラバ部分が吹き飛ばされました。

モルタルの壁が水を吸い込み、剥落しました。

瓦屋根が吹き飛ばされました。


雨漏りの調査に伺いました。

原因は屋根の水が一番集まるドレン部分に植木ポットが詰まっていたからです。

急激な雨だと、水が流れにくくなり、オーバーフローしたのだと思われます。

犯人はカラスでしょう。


物置の雨漏りです。

シングル屋根のタブが取れていました。

立平葺きで改修させていただきました。


伏見区の会社さんで、雨漏りの原因を調査しました。

すると、屋根のスレートが割れているのが原因でした。

コーキングで応急処置をさせて頂きました。


なかなか気付けない押入れの雨漏りですが、放置するとすぐにカビが大量発生します。


外壁を触ったら、チョークのような粉が付くことがあります。これはチョーキングと言って、紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になる状態を言います。
外壁の塗装が痛んだサインです。

総数21件 1 2 3

CONTENTS

(株)辻建材
〒612-8297
京都府京都市伏見区横大路貴船 17-21
TEL 075-611-6121(代)
FAX 075-611-6122

受付時間 9:00〜18:00
年中無休

京都府知事許可(般-28)第1795号

© 京都市伏見区の株式会社 辻建材