HOME > 辻建材日記:被害状況

被害状況

カテゴリーを選んでください。

総数26件 1 2 3 4


雨漏りがしているので、屋上に水を溜めて漏水調査を行いました。異常が無かったので、屋上ではなく壁からの漏水と思われます。


瓦のズレに有効とされているラバーロック工法をご存じでしょうか?
よく訪問販売業者が勧めてくる工法ですが、弊社ではあまり推奨しません。
写真のように年数がたつとどうしても瓦はズレるものですが、その際に行う“突き上げ”というメンテナンスが出来なくなります。


伏見区の工場屋上です。
施工前は去年の台風21号の爪痕です。


南区の居宅で漏水があり、階上を調査するとベランダがプールのようになっていました。ドレンが詰まっていたのが原因で、掃除するとそれ以後は漏っていないそうです。


南区の居宅で雨が漏っているので、屋根に上がって調べると瓦がずれて水が入りやすくなっていました。ずれている瓦を突き上げて応急処置をしました。

台風は怖いです。


マンションの棟が吹き飛ばされました。

マンションの屋根瓦の棟部分が吹き飛ばされました。

アパートのケラバ部分が吹き飛ばされました。



台風21号はあらゆる場所で、さまざまな被害をもたらしました。


スレートのケラバ部分が吹き飛ばされました。

モルタルの壁が水を吸い込み、剥落しました。

瓦屋根が吹き飛ばされました。

総数26件 1 2 3 4

CONTENTS

(株)辻建材
〒612-8297
京都市伏見区横大路貴船 17-21
TEL 075-611-6121(代)
FAX 075-611-6122

受付時間 9:00〜18:00
年中無休

京都府知事許可(般-3)第1795号

© 京都市伏見区の株式会社 辻建材